>

冷静に状態を調べる

融通が利く会社

車の故障個所によっては中古のパーツでも走行の安全性に問題が無い場合があります。
全ての部品が新品だと費用がかなり高くなるので、中古でも問題ない場合は取り寄せが可能だと便利です。

修理工場の中には中古車販売と関係があり、古い車種のパーツが確保できる場合があります。
通常だと手に入らない車種の部品があるような会社を探しましょう。

いわゆる旧車と呼ばれる車の場合には、部品どりをするための車を持っている会社もしくは中古車販売を兼ねている会社が有利です。
必要な部品を用意したり適切なアドバイスをしてくれる会社を選ぶのがポイントになります。
現在の車をどうしても使用したいのか、金額によって検討するのか予め予算を伝えるのは大事です。

代車や修理期間

車の修理で注意をする点として、どれくらい修理期間がかかるかそして代車の問題です。
自分で代車の手配が必要な場合はその費用が発生します。

代車を修理工場が用意をしてくれると負担が減るので安心です。
修理の依頼をする前に、修理期間や代車にかかる費用を含めて検討します。

仕事や通勤で使用している方は車が使用できないと支障がでるからです。
状況を話して融通が利く会社を探すのが費用が高くつかないポイントになります。
部品などを交換したり板金作業があるとかなり費用がかかるので、雑費が少しでもかからないようにするのが大事です。
なるべく早く修理をするように配慮してくれたり、不自由のないように手配をするかどうかが選ぶ基準になります。


この記事をシェアする